欠損男子

色々欠けてる人のブログです。

欠損男子

ブログを作り変えるとしたらそんな題名にするだろなってふと思った。

 

 

最近、人間的魅力というものは「有る」ところではなくて「無い」ところにやどるのではないかと考える。

 

失敗や欠点が多い人は安心できたり

完璧に見える人にどうしようもないダメなところがあったりしたら、なんか微笑ましくなったり

いつも強がっている人がふと弱音を吐くと、支えたくなったり

弱くて逃げてばかりの人に、愛おしさのようなものを感じたり

いつも明るく振舞っている人が実はものすごい心の闇を抱えていたらとても興味をそそられたり(これは少し違うか)

 

そういう経験って誰でもあるんじゃないかと思う。

人の弱点とか、欠点に惹かれる経験。

 

何かができないとか、何かが欠けているとか、そういうのって時と場合によってはすごい魅力になると思う。

人間的魅力って案外何かができるとか、何かがあるというところではなくて、何かが無い、何かが欠けている、というところに生まれるのではないだろうか。

 

 

 

恥ずかしいことを言うと、僕は魅力的な人間になろうとしていた。魅力的で誰からも好かれるような人間になりたかった。

魅力的な人になるために、僕はひたすら自分に何かを足そうとしていた。学歴とか、論文とか、旅行好きというキャラクターとか、仕事できるとか、服装とか。自分の欠けているところを埋めて、もしくは欠けている分だけ何かを足そうとしていたように思う。

そうやって魅力的な人間になろうとすればするほど苦しくなったり、疲れたりした。頑張れば頑張るほど空回りしているような気がして、どうして努力しても努力しても魅力的になれないのだろう?って思っていた。

 

でももし、もし人間的な魅力がその人が持っている何かではなくて、その人が持っていない何かに宿るとしたら、僕はすごく的外れなことをしてたのではないだろうか。

全て間違っていたとは言わないけど、僕はもともと持っている素晴らしい欠損を埋め、特に魅力的でもなんでもないものを身につけようとしていたのではないだろうか。

 

 

自分の欠けているところや、持っていないもの、コンプレックスは、これまでは悪いものとして処理してきた。でもそれ自体が魅力なのだとしたら、僕たちはそれとの付き合い方を考えていかないといけないと思う。

 

自分の欠損をどう付き合うか、自分の足りないところをどう活かすか。

そんなことを考えていきたいなと思った。