不登校.com

学校に行かないことから、いろんなことを考える

評価経済社会の今、逸脱した人間はどんなキャラ作りをするように仕向けられるか。前置き。

常識と逸脱、いつだってこの二つが自分のテーマだった気がする。

 

罪を犯した、社会的に悪いとされることをした、やむを得ない事情があった、間違えてしまった、いじめられた。様々な理由で、悪いイメージのレッテルを貼られる可能性は誰にでもある。集団からハブられること、集団からハブられて当然だという風に扱われることは非常に辛く、生きづらい。

僕は不登校、高校中退、メンヘラという、社会的にそんなに好ましくない要素を持っていた。社会とどう付き合っていけばいいのか、なんで自分がこんなにもネガティブなイメージで見られないといけないのかって非常に悩んでた。

そして今思うことは「色々とネガティブな要素持っているけれど、社会とうまく関係作りながらやり直したい」ということだった。

 

どうしたら社会とまた繋がり直せるだろう?自分の罪を認めて反省する?自分の逸脱した部分を活かす?色々考えていたり、大学の勉強を思い返しているうちに、改めて感じた。

「逸脱した人間が社会と繋がろうと思うと、生き方、人間性がすごく制限されてしまう!」

 

 

 

思考は、周囲の環境、もっとよく言えば社会によって決定される

 

例えば発達障害を持つ子どもが「かわいそう」「役立たず」「協調性がない」みたいに言われる環境と、「シリコンバレーによくいるタイプ」「将来有望」「適切なケアをすれば普通に過ごせる、大丈夫」みたいに言われる環境、どちらで育つかによって、物事の見方、自己イメージなどあらゆるものが大きく変わるだろう。これは思考は周囲の環境によって決定されるということでもある。

詳しくはここでは述べないが、これは社会によって思考のパターンある程度決まってしまう、コントロールされてしまうということでもある。自分の意思で物事を決めていた、考えていたと思っていても、実はそれは社会的に用意されているパターンをなぞっているだけだった。ということは多々あると感じる。

住む場所も年代も違うけど似たようなこと経験した人間が全く同じことを考えていることはかなりの頻度で起こっているだろう。あれはまさにこの証明だと思ってて、思考のパターンが社会的にある程度決定されているからこそ起こりうることだと感じる。個々人が自由に思考をして意思決定を行なっているのであれば、もっとそれぞれの考えることはバラバラのはずだ。

 

これは何に対してもそう。逸脱した人間がどんなキャラを作らないといけないか、というテーマでも。

 

 

そもそもやろうと思ったきっかけはvalu

 

今valuってサービスが流行りまくってるじゃないですか。

あれは「人気や評価を貨幣と交換できる経済(評価経済社会ってやつ)」の極みだと思ってて、これからはそういう傾向がどんどん強くなっていくと思うんです。

他人からの評価がますます重要になってくるこの社会で「逸脱した人間、色々あって悪いレッテルを貼られた人間ってどう生きていけばいいんだろう」って思った。他人からの評価されやすい人が有利になっていくこの社会で、評価を受けにくい、応援されにくい人間がどう生きていくのがいいのだろう。

 

そんなことで、逸脱した人間が社会に入っていくために、自身をどう解釈、説明するか(どう説明することが可能か)のパターンを考察してみたいと思った。どう生きていくかのパターンと言ってもいい。

パターンを書き出す中で、どのパターンを採用するのがいいか、既存のパターンの中に自分や逸脱した人間がうまく生きれる方法がないのなら、新たなパターンを作り出すことはできないか。

自分をはじめとして、もう一度やり直したいと思う人間ってたくさんいると思う。もう一度やり直すことが難しい世の中に疑問を感じている人もいると思う。

確実に、「逸脱した人間が社会へと繋がるためにはどうしたらいいか」がこれから議論されると思うし、少なくとも僕は議論されるべきだと思う。だから自分なりに考えてみたい

 

というわけで、ぼちぼちやってきます。