読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の発達特性を真面目に考えてみる

僕×〇〇で文章を書いてみようと思った

 

僕×移住

僕×社会学

僕×HSP(人一倍敏感な人)

僕×恋愛

僕×旅

 

色々書いてみたいことはあるけれど、

今圧倒的に書かないといけないことは

 

 

 

 

僕×発達障害

だと思った。

 

 

 

最初に言っておくと、僕は正確には発達障害者ではない。

病院で発達に関する検査を受けたのだが「発達にばらつきはあるけど、障害の可能性は低いかなあ」と言われた。

ただ、得意なことと苦手なことが激しく、生きづらい。どれだけ努力してもできないことはできない。一方でできることも確かにある。それをちゃんと把握したいなあと思った。

正直、認めたくなかった。発達障害の診断出てないんだし、頑張ればなんとかなるかも!と思って努力した。毎日頭が痛くなるほど頑張って、血を滲むような努力した結果「これほんまに無理なんだな」ってわかった。しんど過ぎる。

しんどいから、ちゃんと自分のことを知ろう、受け入れよう。人と違っても、自分にあった社会とのつながり方を模索しよう。そう考えた。

 

 

 

自分の発達凸凹っぽいところは、以下のような感じ。

 

・あれ、それ、これ、〇〇(単語)みたいに一言で言われるのがすごい苦手。意味がわかるまでの数秒間固まってしまう。

・だから毎回(こういう意味ですか?)って確認するけど、時間がない時とかそれがうざかったりもするみたい。

・適当にしといて、いいようにしといて、上手くやっといて、みたいな曖昧な指示が飛んでもなく苦手。相手に明確なルールを決めてもらうか、自分で勝手にルールを決めて対応してる。柔軟性がないと言われることもある。

・同じように空気を読むのも苦手。頭の中でこういう時はこう動くってルールが設定してある。こういう場合どう動いたらいいか?をよく確認してしまうからそれもうざいみたい。ルールにない動きを実行するのにはすごく不安が伴う。ルールを変えることで行動を変えることができる。

・自分が決めたルールに対して、ああしろこうしろ、柔軟に変えてゆけって次々言われるとすっごいしんどい。一回ずつ、優しく言ってもらえると対応は十分に可能。

 

・無秩序だったり、無意味に見えるものが苦手

・未知のもの、意味づけが難しいもの、想像力を働かせる必要があるものに上手く対応できない。だから今までに遭遇しなかった場面や新しい環境などに遭遇すると固まってしまう。

・一方で一度学習したもの、頭の中でパターン、ルール化できたものに関しては上手く対応できる。だから仕事でも人間関係でもなんでも、パターン、ルールが掴めるまでほとんど何もできない。

・部活でも勉強でもなんでもそう。最初は全然ダメで、ある時期から急速に伸びる。

・アドリブが無理。固まる。前もってルールやパターンがあることなら可能。

 

 

・できないって言われることがものすごく怖い(だからルールに固執する)

・未知の出来事、新しい人との会話に関して、〜すると〜なるという予想が非常に苦手。(だからルールに)

・相手が怒ってそうとか、自分のこと好きそう、嫌いそうってのはよくわかるけど、どうしたらいいのかがわからない。

・だから怒ってる相手に対応を間違えて余計怒られたり、嫌われたりすることが多い。

一生懸命相手のこと考えて喋っても「お前は相手が何言われたら喜ぶかを常に考えろ!」って言われる。常に考えてるのに。。

・嫌われた時に(何か相手のためになることをする!相手に話しかけて近く!)しかコマンドを持っていないのがあかんのかも。合わない人はバッサリ距離をとるくらいでええのかも。

・相手の気持ちや立場を想像するのに時間と体力がものすごくかかる(鍛えられる気はする)

・距離感を図るのが苦手(鍛えられる気はする)

・最近は与えることを意識しすぎて相手にウザがられる。

・パターン、ルール化されていないものが苦手なこともあり、初対面の人や初めての環境での会話が非常に苦手。何も話せないか、パニクってめっちゃテンション高い。

 

・3人以上の会話めっちゃ苦手

・飲み会とか苦手

・冗談わからないことある。

 

・何もないところでこける。

・大きい音がすごく苦手

・不注意、忘れ物が多い

・肌がとても敏感。

 

・不安、プレッシャーが強い環境、人に陰口言いそうな人の前、キツそうな人の前、先輩だと上記の特性がめちゃくちゃ強まる。定型的なことしか喋れなくなるし、口調もロボットみたいになる。顔もこわばる。そういう人との飲み会なんて一言も喋れない。挨拶もできない。怖い。

・逆に優しそうな人、安心できる環境、昔からの友達の前だとそういう特性が弱まる。コミュ力高いやん!って言われることも多々ある。アドリブや未知のものへの対処も普通にできる。ただし調子乗りすぎて失言が多くなる。

 

 

 

 

・いろんなアイデアが常に頭の中で動き回ってる。

・いろんな悪い考えも常に頭の中で動き回ってる。

・興味が向いたことにしか考えられない

・興味のないもの、必要のないものは覚えるの苦手(小学校の時は、テストの点数理科と数学が満点で、国語と社会が一桁代。中学は全教科満点に近かった(覚える必要性が出たから))

・規則性を見破る、覚えるのは得意みたい。

・一定の法則やルールに従って動いているものは、それさえ見破ればたやすく行える。他の人と比べてもすごく早いらしい。

・興味が向いたものならとことんやれる

・記憶力はいいみたい。保育園の時のこととか覚えてる。

・今までの経験したこと、ルール、パターンを組み合わせて、新しい発想をしたり、未知のものに対応したりすることはできる。外から見たらすごいこともあるみたい。

・数学の方程式、プログラミングなど、手先を使う仕事×頭脳労働×課題設定→問題解決的なもの、でフローに入れる。

・数学、勉強、研究、プログラミング、行動力、実行力、計画力、チャレンジ精神、改善力には定評がある。

・職場で褒められるのは、Excel、データ入力の正確さと速さ。難しいことを考えること、アイデアを色々出すこと。

・全く褒められないのは、コミュニケーション全般。

 

・常識的な生活スキル、知識が欠けている(そんなんも知らんの?って言われること多いし、否定的なこと言われるのが怖いから知ったかしちゃう)

・ドラマとか流行りの音楽とか、全く興味ない。

・同じ音楽を繰り返し何十回も聞く。

・滑舌めっちゃ悪い

・手先めっちゃ不器用

・空中に絵を描いて物事を考えたり、手遊びが激しい。行儀悪いって言われる。

 

 

 

 

ざっとこんな感じ。

疲れた

 

嫌われている人に好かれようとして話しかけてさらに嫌われたとか

曖昧な指示を理解できなくて確認したらウザがられたとか

困ってること(人間関係)の具体例を書こうと思ったけど、疲れた。

 

書いてみると本当に得意不得意がはっきりしてるなあと思うし、短所を長所でカバーしてるところが多いなあって感じる。

 

明日から、ここから具体的な解決策とか、職場でのやり過ごし方とか考えてみようと思う。

ほとんど答え出ているような気がするけど。