恋人さんと会うときに意識している3つのこと。

天文学的に奇跡的なことだと思うのですが、僕には恋人がいます。 いやほんとに。三次元で。現実で。 で、この恋人さんと会うときに心がけていることがいくつかあるのですが、それをまとめて明文化しておいた方がいいなあと思ったのでここに書いておきます。 …

どんなに苦しくても、生きていればなんとかなると思う。

「あんた学校辞めたり、学校行かない子に勉強教えたり、その親の支援したり、研究したり、いろいろやってきたんじゃん。それら全部整理したら価値にある何かになると思うよ。」 友達にそんなことを言われた。ごく最近。 あと「不登校でも別に大丈夫だよ!生…

学校に行く意味は、信用資本を稼ぐことだと思う

学校に行く意味ってなんだろうってずっと思ってた。 勉強なら塾やネットでできる 友達も学校に行かなくても作れる ルールや社会性もクラブやサークルで身につく そう考えると学校に行く意味なんて究極ないのではないだろうか。 別のもので代替可能なのではな…

発達障害者と定型発達者の共通のコミュニュケーションルールを作りたい。(妄想)

そんなことを最近よく思ってる。そして(根拠はないし、直感だが)可能だと思ってる。 menhera.jp camp-fire.jp 発達障害者は発達障害者だけのコミュニティで過ごすのがいいのではないか?みたいな話を最近聞くことがある。そして上記のように発達障害者のコ…

人を嫌ってもいい理由

ずっと人のことを嫌いになることは、いけないことだと思っていた。 だから人のことを嫌いになることをなるべく避けていたし、「嫌だなあ」と思う人や自分のことが嫌いな人にでも好意を持って接しようとしていた。人に嫌われることは辛いし、痛い。そんな思い…

関東か、関西か

引っ越しをしようと思っている。 今いる場所で生きるのがどうしてもしんどくて(昔いじめられてた、良くも悪くも閉鎖的で排他的な村社会、最新の情報や流行が入ってこない。価値観、選択肢の幅が狭い、発達障害への支援がとても薄い) 別の場所に引っ越そう…

大学がいろんな意味ですごい奴ばっかだった話

自分はそこそこすごい人間だと思っていた。 勉強はそれなりにできるし、高校辞めて現役で大学に入学して地元で「奇跡だ」「あいつやべえ」みたいな扱いされて自分は中々すごい人間なんじゃないかと思っていた。 しかし、それは違った。 世の中には、というか…

不登校という言葉がそんなに好きじゃないし使いたくない。

不登校とか登校拒否とか、実はそういう言葉をあまり使いたくなくなった。 ただ一般的に多く使われているのは不登校という言葉なのと、不登校.comの語感がいいという理由でブログのタイトルにしている。 不登校とか登校拒否とかそういう言葉って、やはりネガ…

当たり前すぎてわからない。学校に通っていた人の7つの長所

「学校に真面目に通えてた人って、実はそれだけでめっちゃ優秀なんじゃないか?」 日本に生まれたらほとんどの人は学校に通う。小学校、中学校、高校、人によってはその後大学や専門学校に進学する。 彼らは毎日授業を受け、スケジュール通りに動き、ルール…

卒論を通して学んだ3つのこと

僕の人生で頑張ったこと、そして分かりやすい結果が出ているという意味で人に語りやすいのが、卒論だ。 卒論をそんな頑張った人ってそんないないかもしれない。学生時代無駄にしてない?と思われるかもしれない。でも、本当にこれだけは頑張ってよかったと思…